RF製品情報
Home > RF製品 > RF製品情報

RF製品をご案内いたします。

Compact RU

Small cell用移動体通信基地局用送受信機器(Antenna一体化)として、アクセス網とハンドセットを無線で 接続及び制御する機器です。
スマートフォンの登場と共に、全世界でDATA使用量が年々幾何級数的に増えており、 DATAスピード、
容量の問題を解決する策として従来の携帯電話通信用基地局機器のカバーレッジがSmall cell化される傾向になっています。
このような傾向に合わせて、アンテナが一体化された基地局用送受信機器として 3kg以下のコンパクトサイズで設計され、
屋内及び屋外のSmall cell用として最適の製品と言えます。

長所

アンテナ一体型
アンテナと無線装置が一体化されることにより、ケーブル損失を最小化して電力効率を高め、雑音指数を向上
させることで、受信性能が向上します。
アンテナが別途のRFケーブルで接続されていた従来の基地局装置からRFケーブルを取り外し、
製品自体にアンテナが一体化された形として実現しており、RFケーブルを取り外すことで電力損失を最小化
しました。

システム拡張の容易性
RU2台をDaisy Chain方式として繋いで簡単にカバーレッジを拡張することが出来ます。
小型化構造のサイズ制約にもかかわらず、 Daisy chain方式を実現して装置を2台以上直列に拡張できる構造を備えています。

小型化及び軽量化
世界最高であるKMWのRF filter、増幅機、アンテナなどの単品設計技術を適用して小型及び軽量化を達成しました。
Small cell用としてFront End unit(Antenna前段)で出力を5W以下に設計して、無線部各機能をコンパクトサイズで実現しており、
従来の携帯電話通信用基地局装置の積層型モジュール配置構造から脱し、
6面体を活用したモジュール配置構造を適用して最適な熱効率の特性を実現しました。


設置及び運営経費削減

運営者は、受信性能の向上によりCell Planの最適化が容易になり、アンテナ一体型でSmall Cell用としての最適な運用条件を提供します。
これにより、初期設置費用と運営経費を最小化することが出来ます。
システムの拡張性によるCAPEX(初期設置費用)低減及び構造改善を通じたOPEX(運用経費)低減などを実現しており、
OEM vendorとの協力を通じた最適の運用条件を提供します。